親孝行をしたいなら読むサイト

感謝の気持ちをプレゼントで表現しよう!

親孝行での感謝の気持ちの伝え方

特集

感謝の気持ちの伝え方

伝える方法は一つじゃない

感謝の気持ちの伝え方

親の理想の子どもは、結婚して孫を作り老後の面倒を見ながら時折旅行に連れていく…そんなイメージかもしれません。「じゃあ全然無理」と嘆く必要はありません。親孝行をする方法は一つではないからです。


親が欲しいものをあげよう

両親が何を欲しいかリサーチをしてみましょう。面と向かって「何が欲しい?」と聞くと遠慮をして「何もいらない」と言う親や、何が欲しいか考えがまとまっていない親もいます。普段の会話を通じて両親の興味を探り、欲しいものをみつけておくといいでしょう。結婚して孫をプレゼントをするのは難しいかもしれませんが、第二希望、第三希望のものはプレゼントをすることができるかもしれません。デパートなどで購入できるものであれば今すぐその望みを叶えることができそうです。もしも今叶えることができないものばかりだとしても、リストアップしておけばいつか叶えてあげることができるかもしれません。

親の欲求を満たしてあげよう

親が喜ぶのはプレゼントだけではありません。人間が持つ基本的な欲求を満たしてあげることも立派なプレゼントになります。例えば父親には「社会的に認められたい」という欲求があります。会社で働いていたころは満たされていたこの欲求も定年後に満たされることは少なくなります。そこでいかに父親が立派な人か、社会的にも認められている人かをさりげなく話してあげるといいでしょう。特に人が多く集まる法事などでこの手の話を振ってあげると喜ぶこと間違いなしです。
母親が持っているものとして「人間的に成長したい」という欲求もあります。子育てをしていたころは子どもの成長とともに自分も親として成長していると思えたはずです。しかし子育てが終わった今はその成長を感じる場面が少なくなっているでしょう。そんな母親には「習い事」を進めてみてはいかがでしょうか。手軽にレベルアップを味わうことができるので成長を感じて喜びを感じるのではないでしょうか。

親の価値観を認めてあげる

親には独特の価値観があります。その価値観により自分の存在意義を感じている人も少なくありません。例えば「老舗のお寿司屋さんを知っている」「毎日ウォーキングをしている」などで他人から見れば他愛がなく価値のないように思えることかもしれません。しかし親孝行だと思って親が大切にしている価値観に乗ってあげるのもいいでしょう。親に老舗の寿司屋に連れて行ってもらい、美味しいと感謝をしながらお寿司をご馳走してもらう。本当は気軽で美味しい回転寿司屋さんのほうがいいと思っても、ここは曲げて親に乗ってみましょう。
帰郷した時は一緒にウォーキングをしてみるのもいいでしょう。歩き方の指導をしてもらったり、散歩途中に現れる景色がいい場所に案内してもらうのもいいでしょう。自分が価値があると思っていることを肯定してもらうと嬉しいものです。それが何よりの親孝行になるかもしれません。

ページトップ

感謝の気持ちを伝えよう両親への感謝を込めて。親孝行したい学生におすすめのプレゼントやアルバイトの情報を紹介します。当サイトへのお問い合わせは「oyakoukou_present◯yahoo.co.jp」までお願い致します。

Copyright (C) 2016 親孝行をしたいなら読むサイト All Rights Reserved.