親孝行をしたいなら読むサイト

感謝の気持ちをプレゼントで表現しよう!

親孝行は出来ることから始めよう

特集

出来ることから始めよう

さりげない気遣いを

出来ることから始めよう

海外旅行をプレゼントしなくても結婚式に招待しなくても、親孝行をすることはできます。さりげない気遣いの積み重ねがご両親の気持ちを癒すでしょう。


何でもない日に電話をしよう

親は子どもから電話があるだけで嬉しいものです。特に要件がなくてもいいので電話をこまめに掛けてみましょう。天気の話、テレビで観たくだらない話など話題は何でも大丈夫です。ひとつの会話が糸口になり次々に会話が広がっていくでしょう。また親子とはいえ離れて暮らせば感じ方も価値観も違ってきます。見方が違う人と会話をすることはご両親の刺激になりボケ防止の役に立つかもしれません。思い出話に花を咲かせるのもおすすめです。老後の暮らしが長くなると自分が社会から隔離された存在のような気がしてしまうものですが、自分が社会の一員として活躍していたことを思いだし安心するかもしれません。

近所を一緒に歩いてみよう

海外旅行に招待するのは親孝行らしい親孝行ですが、金銭面でもスケジュール面でもなかなか難しいことでしょう。しかしご両親の住んでいる街に行き家の近くをぶらぶらと散歩するだけなら誰にでもできるはずです。ご両親の住んでいる街はあなたが生まれ育った故郷かもしれません。親子で一緒に懐かしい街を歩くことでたくさんの共通の思い出がよみがえるかもしれません。
ご両親が住んでいる街が、あなたが家を出た後に住み始めた街だとしたらご両親はあなたにその街の紹介をするかもしれません。ご両親が誰にも話す機会がなかった身近な場所で起きた小さな出来事をあなたに話すチャンスになります。きちんと受け止めてあげることでご両親の現在の暮らしについて触れることができるでしょう。ご両親も今の自分の暮らしを誇らしいと思えるようになるかもしれません。

あえて頼ってみよう

親から独立したのだからもう親の世話にはならない、そう考えている人も多いでしょう。しかしご両親にとってあなたはいつまでたっても可愛い子どもです。何かと世話を焼きたい気持ちが残っているのです。そんなご両親の思いを叶えてあげることも立派な親孝行のひとつです。何でもいいですので頼りたいことを思いついたら実行してみましょう。昔よく食べていたカレーライスが食べたいと思ったら「電話をして食べに行くから用意しておいて」とお願いしてみましょう。口では面倒だと言うかもしれませんが内心は嬉しい気持ちでいっぱいのはずです。あなたも懐かしいカレーライスを食べられて嬉しい気持ちになるでしょう。そうしたら「美味しい」「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えましょう。その言葉がさらにご両親を喜ばせることになるでしょう。

ページトップ

感謝の気持ちを伝えよう両親への感謝を込めて。親孝行したい学生におすすめのプレゼントやアルバイトの情報を紹介します。当サイトへのお問い合わせは「oyakoukou_present◯yahoo.co.jp」までお願い致します。

Copyright (C) 2016 親孝行をしたいなら読むサイト All Rights Reserved.